インプットとアウトプット

先日ちょっと時間があったので、インテリアショップをぶらり。
制作の仕事を続ける上で、最近はインプットとアウトプットを意識して考えることが多い。
どうしても仕事が詰まってくるとアウトプットが続いてしまい、
インプットがおろそかになってくる。
インプットがおろそかになるとどうしてもいいひらめきがなくなってくる。
やはり自ら生み出すものはどうしても自分が見たものや刺激を受けたことに影響されるからだろう。
ロゴなどの仕事は特に楽しんでワクワクしながら作っているときと、
煮詰まっているときに作っているときのクオリティの差をすごく感じる。(後から振り返るとわかりやすい。。)
そういった意味でも時間を無理矢理にでも作って、街をブラブラすることは大事だと思う。(焦るけど、、)
インテリアショップなどを覗くと海外の一流デザイナーが手がけた作品(商品)を間近に見ることができるし。
インプットの時間は生産性がないように一瞬感じてしまうが実はかなり重要な時間だと感じるこの頃。。